「やばみ」「つらみ」…若者言葉は言語能力の低下ではない? 専門家が指摘

2018/04/13 07:00

 若者たちが使う「おいしみ」「やばみ」「つらみ」と言った新しい表現、そして平昌五輪で注目された、カーリング女子の「そだねー」。これらの言葉の背景には日本人的な意識があると、専門家は指摘する。

あわせて読みたい

  • 言語学者・金田一秀穂が今「若者言葉」より気になっているもの

    言語学者・金田一秀穂が今「若者言葉」より気になっているもの

    週刊朝日

    7/28

    流行語大賞「そだねー」をズバリ的中させた本誌 「平成最後の○○」がノミネートされなかった理由  

    流行語大賞「そだねー」をズバリ的中させた本誌 「平成最後の○○」がノミネートされなかった理由  

    週刊朝日

    12/7

  • SixTONESの松村北斗さんがAERAの表紙に単独初登場!自身の監督作に松村さんを起用した蜷川実花が撮影/1月31日発売

    SixTONESの松村北斗さんがAERAの表紙に単独初登場!自身の監督作に松村さんを起用した蜷川実花が撮影/1月31日発売

    1/28

    宅配ピザを頼んだり…自由過ぎるカーリングの世界 過去の世界大会で「くわえタバコ」も

    宅配ピザを頼んだり…自由過ぎるカーリングの世界 過去の世界大会で「くわえタバコ」も

    dot.

    3/19

  • “元ニート”の金田一秀穂がニートの親たちに進言「待っていてあげて」

    “元ニート”の金田一秀穂がニートの親たちに進言「待っていてあげて」

    dot.

    10/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す