東浩紀「マンガは、消費者の時間の観点から見るとかなり『コスパの悪い』商品」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東浩紀「マンガは、消費者の時間の観点から見るとかなり『コスパの悪い』商品」

連載「eyes 東浩紀」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東浩紀AERA#東浩紀

東浩紀(あずま・ひろき)/1971年、東京都生まれ。批評家・作家。株式会社ゲンロン代表。東京大学大学院博士課程修了。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。93年に批評家としてデビュー、東京工業大学特任教授、早稲田大学教授など歴任のうえ現職。著書に『動物化するポストモダン』『一般意志2・0』『観光客の哲学』など多数

東浩紀(あずま・ひろき)/1971年、東京都生まれ。批評家・作家。株式会社ゲンロン代表。東京大学大学院博士課程修了。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。93年に批評家としてデビュー、東京工業大学特任教授、早稲田大学教授など歴任のうえ現職。著書に『動物化するポストモダン』『一般意志2・0』『観光客の哲学』など多数

漫画はコスパが悪い(※写真はイメージ)

漫画はコスパが悪い(※写真はイメージ)

 批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。

*  *  *
 作者や出版社の許可なくマンガを無料で公開する、海賊版サイトが話題になっている。2月9日には国会で取り上げられ、3月19日には菅義偉官房長官がサイトブロッキング(アクセス遮断措置)を含め対策を検討していることを明らかにした。

 ネットの普及以来、海賊版の流通はつねに著作権者を悩ませてきた。それがいま社会問題化しているのは、昨年現れたある大手海賊版サイトが、みるみる急成長して、驚くべき数の閲覧者を集めるようになってしまったからである。一部報道によれば、問題のサイトの月間訪問者数は約1億3千万人。ユニークユーザー数は700万人を超え、10代の少年少女の多くが日常的に利用していると言われている。

 海賊版の存在が深刻な権利侵害であり、市場の健全な発展を妨げるものであることは言うまでもない。問題のサイトのサーバーは海外に置かれ、保存元と配信を分けるなど、法的・技術的に摘発がむずかしい状態が作られている。ブロッキングの導入に慎重な意見もあるが、この件に関してはやむをえないのではないか。

 ところで今回の事件であらためて考えたのは、マンガの「適正価格」とはいくらなのだろうということである。マンガ単行本は数百円で、文庫本や新書に近い。それは作家や出版社からすれば正当な値付けだろう。出版不況下では安すぎるぐらいかもしれない。

 ところがマンガは圧倒的に速く読める。1冊15分から30分で読み終わってしまい、シリーズ物も多い。正規料金で半日楽しもうと思えば、5千円や1万円は軽く飛んでしまう。つまりはマンガは、消費者の時間という観点から見ると、かなり「コスパの悪い」商品なのだ。新古書店しかりマンガ喫茶しかり、マンガ消費者と著作権者の争いが繰り返されている背景には、マンガのこの特性がある。今回の騒動もその延長線上にある。

 かつて書籍の価格はモノの費用で決まっていた。けれどデータになるとその側面が消える。情報が独立して売買可能になると、ひとは時間だけを基準に値付けをすることになる。マンガがそこでどう生き残るのか、解答はまだ見えない。

AERA 2018年4月9日号


トップにもどる AERA記事一覧

東浩紀

東浩紀(あずま・ひろき)/1971年、東京都生まれ。批評家・作家。株式会社ゲンロン代表。東京大学大学院博士課程修了。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。93年に批評家としてデビュー、東京工業大学特任教授、早稲田大学教授など歴任のうえ現職。著書に『動物化するポストモダン』『一般意志2・0』『観光客の哲学』など多数

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい