外国人コーチと「英語」で話す選手が強かった “脱オノマトペ”の効用

2018/03/22 16:00

「Yuzuru(ユヅル)」「Brian(ブライアン)」と呼び合う羽生結弦選手(23)とブライアン・オーサーコーチを始め、平昌五輪では、外国人コーチとのタッグで好成績を残した選手が目立った。

あわせて読みたい

  • 部下に「素質があるよ」はNG? 脳から見た“やる気”を出させるメカニズム

    部下に「素質があるよ」はNG? 脳から見た“やる気”を出させるメカニズム

    AERA

    3/26

    8月19日は「俳句の日」 ── 俳句とオノマトペ

    8月19日は「俳句の日」 ── 俳句とオノマトペ

    tenki.jp

    8/19

  • わが子の言葉の発達が心配なら取り入れたい! 「オノマトペ」とは?

    わが子の言葉の発達が心配なら取り入れたい! 「オノマトペ」とは?

    AERA

    12/27

    知花くららが“オノマトペ”に挑戦 擬音と違う面白さとは

    知花くららが“オノマトペ”に挑戦 擬音と違う面白さとは

    週刊朝日

    5/1

  • 羽生結弦は「70年代少女漫画」の永遠の少年? “異次元のメンタル”指摘する声も

    羽生結弦は「70年代少女漫画」の永遠の少年? “異次元のメンタル”指摘する声も

    AERA

    3/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す