日本に核が?河野外相のトランプ核戦略評価の影響

ドナルド・トランプ

2018/02/27 07:00

 米国政府は2月2日、今後5年ないし10年間の核戦略の指針となる「核態勢見直し」(Nuclear Posture Review/NPR)を発表した。オバマ前大統領が2009年4月、「核なき世界を目指す」と演説し、同年のノーベル平和賞を得て以来8年、トランプ政権は核政策を一転し「使いやすい」小型(小威力)の核兵器の開発を進め、通常兵器による攻撃に対しても核兵器で報復する「核先制使用」方針を再び明記した。

あわせて読みたい

  • 世界にはどのくらいの核兵器があるのか? 核保有国の状況

    世界にはどのくらいの核兵器があるのか? 核保有国の状況

    dot.

    10/2

    プーチン大統領、核の抑止ではなく「恫喝」 使用をちらつかせるロシアの狙い

    プーチン大統領、核の抑止ではなく「恫喝」 使用をちらつかせるロシアの狙い

    AERA

    3/23

  • 「核共有」が日本にとって非現実的な理由

    「核共有」が日本にとって非現実的な理由

    週刊朝日

    4/7

    金正恩暗殺でも阻止できない北朝鮮の核ミサイル

    金正恩暗殺でも阻止できない北朝鮮の核ミサイル

    週刊朝日

    9/21

  • 安倍政権と非核三原則 「堅持」といいつつ「軽視」していないか

    安倍政権と非核三原則 「堅持」といいつつ「軽視」していないか

    AERA

    9/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す