羽生と藤井のドリームマッチ 勝負の行方は「羽生次第」

村瀬信也AERA
 待ちに待った羽生善治竜王と藤井聡太四段のドリームマッチが、2月17日についに実現する。2時間ほどで勝敗が決まるこの対決、注目すべきは、どちらが先手か、戦法、そして「指先」だ。

 最初に姿を見せたのは、和服に身を包んだ将棋界の絶対王者、羽生善治竜王(47)。21世紀生まれのスーパールーキー、藤井聡太四段(15)がそれに続いた。1月16日、東京都渋谷区のホテル。ここで二人は、2月17日の公式戦初対戦を前に共同記者会見に臨んだ。

 二人が戦うのは、約160人の棋士らが出場する「朝日杯将棋オープン戦」の準決勝。本戦トーナメントで羽生竜王は1月13日に、藤井四段は翌14日に2連勝し、「4強入り」「初対戦」を決めた。

 特筆すべきは言うまでもなく、藤井四段が準々決勝で佐藤天彦名人(30)から金星を挙げたこと。中学生が公式戦で名人を破ったのは史上初の快挙だ。

 史上初の「永世七冠」を達成し、国民栄誉賞の受賞も決まった羽生竜王も、記者会見で、

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック