浜矩子「グローバル時代は、みんな“アリギリス”でいこう」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

浜矩子「グローバル時代は、みんな“アリギリス”でいこう」

連載「eyes 浜矩子」

このエントリーをはてなブックマークに追加
浜矩子AERA#浜矩子
浜矩子(はま・のりこ)/1952年東京都生まれ。一橋大学経済学部卒業。前職は三菱総合研究所主席研究員。1990年から98年まで同社初代英国駐在員事務所長としてロンドン勤務。現在は同志社大学大学院教授で、経済動向に関するコメンテイターとして内外メディアに執筆や出演

浜矩子(はま・のりこ)/1952年東京都生まれ。一橋大学経済学部卒業。前職は三菱総合研究所主席研究員。1990年から98年まで同社初代英国駐在員事務所長としてロンドン勤務。現在は同志社大学大学院教授で、経済動向に関するコメンテイターとして内外メディアに執筆や出演

あなたにフレネミーはいますか?(※写真はイメージ)

あなたにフレネミーはいますか?(※写真はイメージ)

 経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。

*  *  *
「あなたにフレネミーはいますか?」。そう聞かれたら皆さんは何と答えられるだろうか。フレネミーは造語である。正確にいえば合体語だ。二つの言葉がくっつくことで出来上がる。

 フレネミーを日本語でいえば、トモテキになる。友と敵。この両者がくっつくと、フレネミーが誕生する。この言葉がどうも最近はやっているらしい。

 この言葉そのものはかなり以前から存在していたようだ。だが、あまり世の中で多用されることはなかった。ところが、このところ何かと目に触れ、耳に入ってくる。友と敵が融合する時、そこに出現するのは一体どんな代物なのだろうか。グローバル時代を人々が生きていくには、お互いに友でもあり、敵でもなければいけないのだろうか。それは少し怖い。

 さて、ここでもう一つ質問をさせて頂きたい。あなたの生活にフレキシキュリティーはありますか?。これには、皆さん、どう答えられるだろう。これを日本語でいえばどうなるか。ジュウテイである。柔軟性と安定性が共存する姿だ。フレキシブルだけどセキュリティーもある。いいとこ取りの生活である。これも起源はそれなりに古い言葉らしく、北欧諸国が得意とするライフスタイルなのだという。なるほどね。誰もが理想とするところだろう。グローバル時代は、我々にジュウテイ・ライフを保障してくれるだろうか。

 ところで、合体語ならば筆者もまた得意な分野だ。かなり前に、アリギリスというのを発明した。アリさんとキリギリス君がくっつけば、たちどころにアリギリスが出来上がる。謹厳にして華麗。実直にして遊び好き。これまた、理想的な黄金バランスである。

 誰もがアリギリスになれば、グローバル時代は、まさしく黄金バランスを手に入れることになるだろう。誰も借金しすぎない。誰もカネを貯め込みすぎない。みんなほどよくカネを使い、ほどよくカネを節約する。これなら、かのトランプ親爺さんでさえ、文句のつけようがない。グローバル時代は、みんな、アリギリスでいこう。

 アリとキリギリスは、フレネミーかもしれない。でも、アリギリス同士はいつもフレンズ。

AERA 2018年1月22日号


トップにもどる AERA記事一覧

浜矩子

浜矩子(はま・のりこ)/1952年東京都生まれ。一橋大学経済学部卒業。前職は三菱総合研究所主席研究員。1990年から98年まで同社初代英国駐在員事務所長としてロンドン勤務。現在は同志社大学大学院教授で、経済動向に関するコメンテイターとして内外メディアに執筆や出演

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい