「ナチス映画」から考える セクハラのある現代で大切な女性の行動

2018/01/06 16:00

 自国ファーストを掲げる国家が増え、個人主義や権威主義が民主主義を脅かす。そんな時代に一石を投じるナチス関連映画3本が、12月に公開された。

あわせて読みたい

  • ナチス関連映画はなぜ増えた? 公開ラッシュに透けて見えるもの

    ナチス関連映画はなぜ増えた? 公開ラッシュに透けて見えるもの

    AERA

    1/9

    池上彰×佐藤優 「ホロコースト揶揄問題」日本人の甘すぎる認識の衝撃

    池上彰×佐藤優 「ホロコースト揶揄問題」日本人の甘すぎる認識の衝撃

    AERA

    8/13

  • 105歳“ユダヤ人の私”が語るナチス前夜 「人々がヒトラーを受け入れた」

    105歳“ユダヤ人の私”が語るナチス前夜 「人々がヒトラーを受け入れた」

    週刊朝日

    11/20

    手塚治虫の名作の背景に、日本のユダヤ人社会があった
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    手塚治虫の名作の背景に、日本のユダヤ人社会があった

    dot.

    2/1

  • 謎の「ヒトラー礼賛本」が販売中止に

    謎の「ヒトラー礼賛本」が販売中止に

    週刊朝日

    1/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す