相続税が発生する「最小」の宅地面積 2平方メートルのエリアも!

2017/12/25 07:00

 路線価、という言葉をご存じだろうか。毎年、国税庁が公表している地価を測る指標で、2017年分は全国平均で2年連続で上昇した。不動産を所有している人はこの路線価によって、相続税が大きく左右されかねない。なぜなら、基本的に宅地の相続税評価額は「路線価×土地面積」で算出するので、路線価が上昇すれば、相続税額も高くなるからだ。

あわせて読みたい

  • 相続税が発生する“最小宅地面積”ランキング 首都圏トップ30は?

    相続税が発生する“最小宅地面積”ランキング 首都圏トップ30は?

    週刊朝日

    8/7

    相続税がかかる最小宅地面積 京阪神トップ1は「桃谷」

    相続税がかかる最小宅地面積 京阪神トップ1は「桃谷」

    週刊朝日

    8/9

  • 地価減少の郊外は売却を 首都圏で広がる相続税課税エリア

    地価減少の郊外は売却を 首都圏で広がる相続税課税エリア

    週刊朝日

    8/18

    名古屋圏路線価アップ 相続税が増える駅とは?

    名古屋圏路線価アップ 相続税が増える駅とは?

    週刊朝日

    8/7

  • 2015年4月から相続税「増税」 控除が4割も縮小される場合も

    2015年4月から相続税「増税」 控除が4割も縮小される場合も

    週刊朝日

    8/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す