男性たちもハマる占い、その知られざる効果 (2/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

男性たちもハマる占い、その知られざる効果

このエントリーをはてなブックマークに追加
熊澤志保AERA
精神科医も占いに通って驚いた?(※写真はイメージ)

精神科医も占いに通って驚いた?(※写真はイメージ)

 占いでは、具体的なアドバイスを得られることもある。

 某有名占い師を訪ねたとき、春日さんはこう言われた。

<南に10メートルでも引っ越せば、物書きとしてお金も名声も素晴らしいものが手に入ります。ただし、2週間以内に>

 難しく思えるが、夜逃げすると考えれば不可能ではない。

「女房に怒られるとさすがに断念しましたが、実行する腹が据わっていれば何かやり遂げられるともいえる。助言の中に、人の心を揺さぶる絶妙なテクニックがありますよね」(同)

 別の占い師から「夫婦仲が危ない」と言われたこともある。危機感はなかったが、妻が「車があったら便利よね」と言うのを聞き流さず、ディーラーに行き、ミニクーパーを買った。車を得て、生活は便利になった。

「墓参りに行って」と言われて実行すれば、実家に顔を出すことになり、親子関係もよくなるかもしれない。気をつけるだけで、好転する事象は多いものだ。

「普段やらないことをやれば気分は変わるし、困っているときに具体的なことを言ってもらえると嬉しい。おまじないみたいなものでしょう。患者も薬が『効くか効かないか五分五分』と言えば嫌な顔をします。『とにかく飲んでみてください』と自信のある顔で言ったほうが、いろいろうまくいくことが多いんです」(同)

 カウンセリングとまではいかないが、占いの言葉から癒やしを得た人は少なくない。

●独特の安心感に癒やし

 臨床心理士の女性(35)は、大学院時代、27歳で失恋した。復縁を願い、スピリチュアル系の記事を読むようになった。ある日、人気占い師の本を書店で見つけ、立ち読みした。

<この星座は、言葉が巧みだけれど、言葉の向こうにいろいろな思いを抱えている人です>

 読んだ瞬間、「わかってもらえている」と強く感じ、本を持って迷わずレジに向かった。

 以来、この占い師のサイトやツイッターを小まめにチェックするようになったという。

「抽象的に状態を描写するだけで、ずかずか指示されたり、否定されたりすることもない。独特の安心感があって、癒やされていたんだと思います」(女性)


トップにもどる AERA記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい