小林麻央さん結婚直後にAERAに語った「私がいなくなったら、姉が…」 (3/5) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小林麻央さん結婚直後にAERAに語った「私がいなくなったら、姉が…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#お悔やみ#がん
2010年1月からスタートした対談連載「小林麻央の聞いてしまおッ。」では、やわらかい雰囲気で対談相手の魅力を引き出した(撮影/写真部・片山菜緒子)

2010年1月からスタートした対談連載「小林麻央の聞いてしまおッ。」では、やわらかい雰囲気で対談相手の魅力を引き出した(撮影/写真部・片山菜緒子)

 生真面目な性質でもあった。

「私も含めてですけど、日常のサイクルを繰り返していくことに『これでいいのだろうか』と感じている人って、すごく多いと思うんです」(1月25日号)

 そんな彼女にとって、闘病の支えとなり何より大切だったのが、家族だった。荒川静香さんとの対談(2月15日号)では、

「ひとにいろいろなことを言われても、母が褒めてくれたり、大丈夫よって言ってくれると安心するんです」

 と、母への信頼を語った。

 姉の小林麻耶さんとの特別対談(4月12日号)では、こう語り合った。

「私たちにとって世界一の味方が母です」(麻耶さん)

「絶対的な味方ですね。やっぱり、お母さんにはかなわないよね」(麻央さん)

●妹がいなくなったら…

 当時、結婚したばかり。仲良し姉妹の話は弾んだ。

「私のほうが姉を心配してるんです。私がいなくなって、姉がやっていけるかどうか……」(麻央さん)

「いまも1日でも話さないとつらいのに、妹がいなくなったら生きていけるのかわからないんですよね。まあでも、毎日、妹の家に行こうかなと思ってます」(麻耶さん)



トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい