世界遺産も国宝も「クローン」にする驚きの技術

2017/06/04 11:30

「クローン文化財」が、国際社会で注目を集めている。文化財の保存と公開という対立するふたつの命題に光を投げかけているからだ。プロジェクトを率いるのは、宮廻正明教授がリーダーを務める東京芸術大学COI拠点だ。

あわせて読みたい

  • 「バベルの塔」展 気鋭の精密画家が語った「ブリューゲルがこんなに描き込んだ気持ち」とは

    「バベルの塔」展 気鋭の精密画家が語った「ブリューゲルがこんなに描き込んだ気持ち」とは

    AERA

    5/27

    韓国窃盗ビジネスを追え

    韓国窃盗ビジネスを追え

    12/6

  • 空襲で焼失のゴッホ代表作“芦屋のヒマワリ” 陶板で蘇る

    空襲で焼失のゴッホ代表作“芦屋のヒマワリ” 陶板で蘇る

    週刊朝日

    6/8

    世界遺産や国宝を継承する最新技術

    世界遺産や国宝を継承する最新技術

    6/4

  • 源氏物語図屏風を高精細に複製 キヤノン 綴つづりプロジェクト

    源氏物語図屏風を高精細に複製 キヤノン 綴つづりプロジェクト

    アサヒカメラ

    3/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す