“米国流”の学びから探る 変革時代の教育のヒント

教育

2017/06/03 11:30

 2030年。あなたの子どもは何歳だろうか。ちょうどこの頃、社会の中核を担うのは今の中高生だ。AI(人工知能)の進化で仕事も働き方も急速に変わり始めた。変化の加速度を考えると、学校選びの基準もこれまでと大きく違ってくる。もう「教育改革」など待っていては、わが子の成長に間に合わない。AERA 2017年6月5日号では、「AI時代に強い中高一貫・高校選び」を大特集。

あわせて読みたい

  • 社会に変革を起こす「チェンジメーカー」を育てる! 「真のグローバル教育」が身につく学校とは?

    社会に変革を起こす「チェンジメーカー」を育てる! 「真のグローバル教育」が身につく学校とは?

    AERA

    11/27

    難関進学校・吉祥女子が芸術系大学に強い秘密
    筆者の顔写真

    矢野耕平

    難関進学校・吉祥女子が芸術系大学に強い秘密

    dot.

    12/14

  • JAXAの「宇宙学」が人気 “県立”でも全国から生徒が集う楠隼中高

    JAXAの「宇宙学」が人気 “県立”でも全国から生徒が集う楠隼中高

    AERA

    7/16

    瀬戸内海に浮かぶ島に開校した公立中高一貫校が注目を集めるワケ

    瀬戸内海に浮かぶ島に開校した公立中高一貫校が注目を集めるワケ

    AERA

    1/23

  • “リクルート出身”教育長が公立校を改革中 定員割れの商業高校を人気校へ

    “リクルート出身”教育長が公立校を改革中 定員割れの商業高校を人気校へ

    AERA

    6/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す