「少年ジャンプ+」「LINEマンガ」…アプリ戦国時代に売れる漫画とは? (3/5) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「少年ジャンプ+」「LINEマンガ」…アプリ戦国時代に売れる漫画とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
熊澤志保AERA
イラスト投稿・交流サイト「pixiv」には、新しい才能が集まる。東京・千駄ケ谷のピクシブ株式会社では、エントランスを描き手たちの描いた絵馬が彩る(撮影/工藤隆太郎)

イラスト投稿・交流サイト「pixiv」には、新しい才能が集まる。東京・千駄ケ谷のピクシブ株式会社では、エントランスを描き手たちの描いた絵馬が彩る(撮影/工藤隆太郎)

ピクシブ株式会社/イラストのボードが掲げられたカラフルなオフィスで、若い社員らが業務にあたっている(撮影/工藤隆太郎)

ピクシブ株式会社/イラストのボードが掲げられたカラフルなオフィスで、若い社員らが業務にあたっている(撮影/工藤隆太郎)

ジュンク堂書店池袋本店の田中香織さんは、「漫画はコミュニケーションツール、共通言語になった」と語る(撮影/品田裕美)

ジュンク堂書店池袋本店の田中香織さんは、「漫画はコミュニケーションツール、共通言語になった」と語る(撮影/品田裕美)

マンガサロン『トリガー』/東京・渋谷の同店では、頻繁にイベントも行われる。この日の模様はニコニコ動画で生放送で中継された(写真/加藤夏子)

マンガサロン『トリガー』/東京・渋谷の同店では、頻繁にイベントも行われる。この日の模様はニコニコ動画で生放送で中継された(写真/加藤夏子)

●電子と紙は共存できる

 漫画の発表媒体数と作品が増えれば、刊行される単行本も増える。単行本の年間刊行点数は1万点前後。ひと月あたり、800~900作品もの新刊が発売される。

 現実の書店の売り場は、ウェブとは違い、スペースに限りがある。何をどう並べるかも売り場の課題だ。ジュンク堂書店池袋本店では、多くの作品にチャンスをという視点から、人気作品も極端な多面展開はしない。

 コミック担当の田中香織さんは、この10年来の客の変化に驚いている。

「売り場で『これ読んだ?』『おもしろいよ』というお客様同士の会話を聞く機会が増えました。好きなタイトルを、薦め合っている印象です。漫画がこれほど市民権を得るとは、思っていませんでした」

 漫画原作のドラマや映画、パチンコやパチスロとのコラボが増えた。

 露出が増えれば問い合わせも増え、単行本の売り上げも伸びるが、露出の機会が終わって一気に売り上げが落ち込んだ作品もある。「作品が消費されているのでは」と懸念したこともあったが、近年はファンを得て、そのまま売れ続けるケースが多い。作品が多くの人に読まれることの力を、販売の現場で感じている。

 おもしろい作品を見いだすべく自身もアンテナを張っているが、ファンの声に背中を押されることもしばしばだ。

 多くの作品の中から、どの作品を人に薦めたいか。田中さんが実行委員を務めるマンガ大賞は、そんなコンセプトから生まれた。今年で10年目。既刊8巻までの作品を、企業等の協賛を得ずに発信する。いわば、漫画読みのための、目利きの賞だ。今年は『響 小説家になる方法』(小学館)が大賞を受賞。20倍以上に売り上げを伸ばし、既刊6巻で累計発行部数80万部を突破した。

 SHIBUYA TSUTAYAのコミック担当、坂間大祐さんは、この1年で、ウェブコミックの勢いが増したと語る。SNS発信で人気に火がついた作品、ピクシブで人気を集めた作品、漫画アプリのオリジナル連載作品。

「最近評判になった、アタモトさんの『タヌキとキツネ』は、ツイッターで発表されたほのぼのキャラクターものですし、ブログ発の『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!』は老若男女、幅広い年齢層によく売れました」(坂間さん)

 たとえば、comicoなど、ウェブの漫画媒体が複数の版元から単行本を出版するケースもあるため、版元ごとの陳列ではわかりづらいだろうと、1年ほど前からウェブ漫画専用の棚を用意した。

 スマホを片手にした客を、売り場でよく見かけるようになった。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい