がん患者が「第九」に挑む 4月1日に東京オペラシティで

がん

2017/03/25 11:30

 がん患者はありふれている。健常者と変わらず、何でもできる。その証明は生きている「歓喜」を歌うことと決め、練習に励んでいる人たちがいる。

あわせて読みたい

  • 「想定よりずっと早くきたコロナ患者受け入れ要請」がん研有明病院・佐野武病院長インタビュー

    「想定よりずっと早くきたコロナ患者受け入れ要請」がん研有明病院・佐野武病院長インタビュー

    AERA

    2/5

    がん医療にコロナを持ち込まない 「専用外来」「病院分け」患者守る病院の対策

    がん医療にコロナを持ち込まない 「専用外来」「病院分け」患者守る病院の対策

    AERA

    5/17

  • 肺がんの切り札「個別化医療」で長期生存例も

    肺がんの切り札「個別化医療」で長期生存例も

    週刊朝日

    12/17

    May J.「1万人と歌うことはたぶん一生に一度、歌の素晴らしさを再認識。」

    May J.「1万人と歌うことはたぶん一生に一度、歌の素晴らしさを再認識。」

    Billboard JAPAN

    12/8

  • なぜ「がん難民」は生まれる? 医師が指摘する2つの理由

    なぜ「がん難民」は生まれる? 医師が指摘する2つの理由

    AERA

    9/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す