東浩紀「トランプが体現する政治と経済の矛盾」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東浩紀「トランプが体現する政治と経済の矛盾」

連載「eyes 東浩紀」

このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜトランプはこれほどひとの心をつかむのか。その肝は「矛盾」にある (※写真はイメージ)

なぜトランプはこれほどひとの心をつかむのか。その肝は「矛盾」にある (※写真はイメージ)

 批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。
*  *  *
 ついにトランプ大統領が誕生した。就任前よりこれほど世間を賑わせた大統領もいないだろう。就任後も連日マスコミのトップを飾っている。

 まさに狂騒曲だが、なぜトランプはこれほどひとの心をつかむのか。その肝は「矛盾」にある。トランプは様々な矛盾を体現している。米国の矛盾、民主主義の矛盾、共和党の矛盾、白人男性の矛盾。そしてトランプはその矛盾を隠さない。そのスタイルに誠実さを見るひともいれば、怒りを覚えるひともいるだろう。ここに評価の二極化の原因がある。

 それら矛盾のなかで、もっとも深刻なものが政治と経済の矛盾である。それはときにナショナリズムとグローバリズムの衝突と言われるが、正確にはイズム(主義)の衝突ではない。政治と経済の衝突である。政治は境界を守ろうとする。経済はすべてをつなごうとする。これは政治と経済の本質だが、21世紀に入り、ついに正面から衝突し始めている。それは米国にかぎらず、いま世界各国を悩ませている矛盾である。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい