25歳でアルコール依存… 作家・月乃光司さんが語る「生きづらさ」

病気

2017/01/28 16:00

 アルコール依存、薬物依存などの依存症は、生活習慣などではなく、病気だ。個人の意志や心がけなどで対応できるものではなく、治療が必要なもの。近年、医療現場ではさまざまな試みが行われている。AERA 2017年1月30日号では、依存症治療の最前線を大特集。過去に、アルコール依存症におちいり、自殺未遂までしてしまった作家の月乃光司氏に、自身の体験を踏まえ、アルコール依存症について語っていただいた。

あわせて読みたい

  • アルコール依存症 意志が“強い”人ほどなりやすい?

    アルコール依存症 意志が“強い”人ほどなりやすい?

    週刊朝日

    1/28

    酒を飲み続けると「依存脳」になる

    酒を飲み続けると「依存脳」になる

    AERA

    1/29

  • カンニング竹山 著名人の飲酒運転事故で「アルコール依存症をきちんと報じろ!」
    筆者の顔写真

    カンニング竹山

    カンニング竹山 著名人の飲酒運転事故で「アルコール依存症をきちんと報じろ!」

    dot.

    9/30

    酒気帯び運転の山口達也容疑者の事件でわかった依存症の怖さ 元当事者の医師が語る

    酒気帯び運転の山口達也容疑者の事件でわかった依存症の怖さ 元当事者の医師が語る

    週刊朝日

    9/26

  • 食べ物依存、性依存、買い物依存…「依存は誰にでもおこり得る」と医師が指摘

    食べ物依存、性依存、買い物依存…「依存は誰にでもおこり得る」と医師が指摘

    dot.

    4/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す