薬物依存は脳に異常が起きている病気

病気

2017/01/28 07:00

 アルコール依存、薬物依存などの依存症は、生活習慣などではなく、病気だ。個人の意志や心がけなどで対応できるものではなく、治療が必要なもの。近年、医療現場ではさまざまな試みが行われている。AERA 2017年1月30日号では、依存症治療の最前線を大特集。

あわせて読みたい

  • 酒を飲み続けると「依存脳」になる

    酒を飲み続けると「依存脳」になる

    AERA

    1/29

    飲める体質か飲めない体質か遺伝子検査で分かる

    飲める体質か飲めない体質か遺伝子検査で分かる

    AERA

    1/25

  • お酒で入院、酩酊していた山口達也 専門医が語る依存症の恐さとは?

    お酒で入院、酩酊していた山口達也 専門医が語る依存症の恐さとは?

    dot.

    4/26

    吉澤ひとみ被告、勝谷誠彦さんらがアルコールを断てない理由 依存の恐さとは 

    吉澤ひとみ被告、勝谷誠彦さんらがアルコールを断てない理由 依存の恐さとは 

    週刊朝日

    11/30

  • 「気持ちよくなりたい」がきっかけ 「依存」に共通するのは禁断症状

    「気持ちよくなりたい」がきっかけ 「依存」に共通するのは禁断症状

    dot.

    5/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す