米国は医療費の大幅削減に成功 “強い”薬も薬局で買える (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

米国は医療費の大幅削減に成功 “強い”薬も薬局で買える

このエントリーをはてなブックマークに追加
熊澤志保AERA
、日本では医師の処方が必要な「強い」薬が、アメリカではドラッグストアでも売られている…(※イメージ)

、日本では医師の処方が必要な「強い」薬が、アメリカではドラッグストアでも売られている…(※イメージ)

 それでも、特に健康リスクの上がる高齢者は、多剤服用での相互作用や、腎機能や肝機能低下などが問題になるケースは後を絶たない。手に入れやすいために、乱用して中毒に陥るケースも報告されている。

「たとえば、解熱鎮痛剤のアセトアミノフェンは、過剰服用で毎年3万人が入院し、重篤な肝障害を引き起こすこともあるため、FDA(米国食品医薬品局)も注意を促しています」

 医師にかかりづらいといわれる米国だが、市販薬を服用する際は、かかりつけ医(プライマリードクター)に電話で相談できる仕組みもあるという。

「セルフメディケーションは、消費者の理解が進むことはもちろんですが、薬剤師や医師など医療従事者の理解と協力、それを支える仕組みが機能してはじめて、成立するものだと知ってほしいです」

(編集部・熊澤志保)

AERA 2016年11月7日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい