首都直下地震 通勤時間帯に発生で一時滞在施設足りず66万人行き場なし

地震

2016/09/01 07:00

 阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震……。数々の大震災に続き、危機が迫っているのが首都直下地震だ。過度な人口密集地域であり、大量の帰宅困難者も予想される。東京だからこそ被害が拡大する恐れがある。

あわせて読みたい

  • 首都直下地震 帰宅困難者が大量発生で群衆なだれの可能性

    首都直下地震 帰宅困難者が大量発生で群衆なだれの可能性

    AERA

    8/31

    「駅」は頼りになるか 首都圏・名古屋・大阪・福岡を走る鉄道27社調査

    「駅」は頼りになるか 首都圏・名古屋・大阪・福岡を走る鉄道27社調査

    AERA

    3/8

  • 震度5強の揺れで大都市の脆さ露わに 鉄道延伸と水道管に「弱点」

    震度5強の揺れで大都市の脆さ露わに 鉄道延伸と水道管に「弱点」

    AERA

    10/19

    勤務中に巨大地震に襲われたら ビジネスパーソンの命を守る「帰宅」前の4プロセス

    勤務中に巨大地震に襲われたら ビジネスパーソンの命を守る「帰宅」前の4プロセス

    AERA

    6/19

  • 現実的になった? 新しい首都直下地震の被害想定

    現実的になった? 新しい首都直下地震の被害想定

    AERA

    12/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す