週4日、平日朝だけ、勝ちにこだわらない… 持続可能な「新しい部活」とは? (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週4日、平日朝だけ、勝ちにこだわらない… 持続可能な「新しい部活」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
編集部・石田かおるAERA#仕事
位置づけを曖昧にしたまま肥大化した部活が、見直しの時期にきている(※イメージ)

位置づけを曖昧にしたまま肥大化した部活が、見直しの時期にきている(※イメージ)

 校務に忙殺される教師たち。中学・高校ではこれに「部活」が加わる。教科指導のプロを自任する教師たちは、サステナブルな新モデルを探っている。

 日本の教師の長時間勤務を明らかにした経済協力開発機構(OECD)の調査。中学教師の課外活動指導時間でも、加盟国平均が2.1時間なのに対し、日本は3倍以上の7.7時間と際立って長かった。

 こうした現状に一石を投じたのが、13年3月、「真由子」を名乗る中学教師が始めたブログだった。真由子さんは言う。

「教師のプロフェッショナリティー(専門性)は教科指導。そのプロになりたくて教職に就きました。しかし実際は部活によって朝と夕方、さらに土日がつぶされ、授業準備の時間の確保が厳しい現実がありました」

 放課後、職員室で授業準備をしていると「何をサボっているんだ」と先輩教師に注意された。部活が優先される状況に強い違和感を覚えて、職員室で孤立し、ブログ「公立中学校 部活動の顧問制度は絶対に違法だ!!」を立ち上げた。もっとも、

「最初は反応は少なく、8割は自分に否定的な声でした」(真由子さん)

●未経験の競技で顧問に

 真由子さんの疑問は、ただ忙しいからだけではなかった。部活は生徒の自主的な活動とされており、教育課程の中に位置づけられていない。教師の本来の職務でないにもかかわらず、実態としては強制的に部活の顧問が割り振られる。そこに矛盾があると感じた。

 放課後や朝の練習に対する残業代は支払われず、休日を丸一日つぶされても支払われるのは3千円程度。しかも移動交通費などもほとんど自腹で、実態は教師のボランティアと持ち出しによって成り立っている。

「それなのに部員や保護者からは土日の練習をもっと増やせ、部活の競技の勉強をもっとしろと言われる」(同)

 さらに負担を重くするのが、教師の半数近くが全く未経験の競技の顧問に就いている点だ。

「初めての競技を指導するため、自腹でDVDや本を購入して勉強する。運動競技の審判も慣れないためうまくできない。しかし誤審があれば会場中から突き上げられる。やりたくてやっている教師はともかく、そうでない教師の時間的、精神的な苦痛は計り知れません」(同)

 14年、ブログがヤフーニュースに取り上げられるとアクセスは急増。一日28万件に達し、500を超えるコメントが入った。毎日新聞が社説で「『真由子』はわがままか」と問題提起し、国会でも取り上げられた。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい