ジャパネットたかた前社長インタビュー「会社の成長を促した2つの失敗」 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジャパネットたかた前社長インタビュー「会社の成長を促した2つの失敗」

編集部・鎌田倫子AERA#仕事#企業
高田明(たかた・あきら)/1948年長崎県生まれ。大阪経済大学卒業。86年に「たかた」(現・ジャパネットたかた)を創業。2015年に代表取締役を退く(撮影/写真部・堀内慶太郎)

高田明(たかた・あきら)/1948年長崎県生まれ。大阪経済大学卒業。86年に「たかた」(現・ジャパネットたかた)を創業。2015年に代表取締役を退く(撮影/写真部・堀内慶太郎)

「できない理由を言っていても、夢は実現できない。2割でも可能性があるなら、できないと思う8割は捨てて、その2割に集中するのです」

 結果、13年は本当に過去最高益を記録し、14年はさらにそれを更新した。テレビの需要が戻ったわけではない。ほかの商品を少しずつ売り伸ばしたのだ。

●妻と決めた営業停止

「糧にした」と言うには苦すぎる「失敗」もしている。04年に発覚した51万人分にも及ぶ顧客情報流出だ。持ち出したとされる元社員2人が、背任容疑で書類送検され、発覚直後から49日間、自主的に営業を停止した。この間の機会損失は、150億円にも上るとされた。

「妻と2時間話し合って『もう閉めよう』と。お客さんの安全を脅かしたのに、『これいいですよ』なんて薦められない」

 自ら科した厳しいペナルティーが好意的に受け止められ、翌年には売り上げが回復。「危機管理の手本」などと称賛されたが、本人にその意識はない。

「そもそも問題を起こしたのだから、すばらしい対処法とは言えない。営業停止の後のことなんて、頭になかった」

 社員がかかわったとされたことも、「無念だった」。それこそ、共に受注の電話を受けるところから出発。会社の規模が拡大しても社員は家族のつもりだった。

「セキュリティー環境を整えていなかった。私が、十分なことをしていなかったのです」

 以来、監視カメラなどセキュリティーにも投資している。

 高田さんの「失敗」に対する姿勢は一貫している。

「すべてを受け入れること。そこからしかスタートしない。人のせいには、しないことです」

「成長」は失敗を受け止めることから始まると、実感している。(編集部・鎌田倫子)

AERA 2016年7月18日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい