議論再燃の「3歳児神話」 専門家は「高度成長期の考え方」とバッサリ (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

議論再燃の「3歳児神話」 専門家は「高度成長期の考え方」とバッサリ

「3歳児神話」、専門家の意見は?(※イメージ)

「3歳児神話」、専門家の意見は?(※イメージ)

「母親は、子育てへの責任からつい子どもに構いすぎて、子どもが自ら学ぶ機会を奪ってしまいがちです」

 柏木さんらの研究によると、仕事を辞めて育児に専念する母親のほうが、働き続ける母親より育児への不安が強い傾向にあるという。

「不安とは、子どもの成長や発達よりも、自分自身の生き方や将来に対するものが強い。働いた体験のある女性が増え、母親としてだけ生きることに不安を感じてしまうのです」

 母親が子どもから離れ、社会と関わったほうが、不安が減り、子どもに優しく接する余裕も生まれるようだ。(アエラ編集部)

AERA  2016年5月30日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい