寝る前の「ケンシロウ」に癒される…「夜型」生活で仕事もプライベートも充実?

2016/04/07 16:00

 早起きして、すっきりした頭で仕事や勉強にいそしむ「朝型」の生活。「効率がいい」と朝型がもてはやされる風潮の中、夜型には「夜更かし」「非効率」「だらだらとした感じ」というネガティブなイメージがつきまとう。それに「早起きは三文の得」と昔から決まっている。だが、“夜型劣勢”に異を唱えるのが、広告コンサル業を営む女性(37)だ。

あわせて読みたい

  • 「朝型生活」逆効果になるケースも? 睡眠の専門医が指摘

    「朝型生活」逆効果になるケースも? 睡眠の専門医が指摘

    AERA

    4/8

    早起き傾向の昨今 「エクストリーム朝型」実践する人も

    早起き傾向の昨今 「エクストリーム朝型」実践する人も

    AERA

    4/6

  • 朝型生活5カ月で15キロ減の成功者も 体重と生活スタイルの因果関係が明らかに

    朝型生活5カ月で15キロ減の成功者も 体重と生活スタイルの因果関係が明らかに

    AERA

    11/9

    タイガー・ウッズが睡眠障害を告白 理想の睡眠は8時間? 眠りの新常識を医師が解説

    タイガー・ウッズが睡眠障害を告白 理想の睡眠は8時間? 眠りの新常識を医師が解説

    週刊朝日

    6/26

  • 起床直後は脳の覚醒度がピーク 優先すべき仕事の内容は?

    起床直後は脳の覚醒度がピーク 優先すべき仕事の内容は?

    AERA

    11/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す