ウィッグ、ネイル…がん患者「外見ケア」で職場復帰支援

がん

2015/09/11 16:00

 がんからの生還を果たせても、薬の副作用による抜け毛や爪の変形などに悩む患者は多い。「働きながら治す」ためには、外見ケアに取り組む医療機関がもっと増える必要がある。

あわせて読みたい

  • かつらがずらり…がん患者の「外見ケア」最新事情

    かつらがずらり…がん患者の「外見ケア」最新事情

    週刊朝日

    8/18

    病気っぽくふるまう必要はない 専門家ががん副作用に悩む人にアドバイス

    病気っぽくふるまう必要はない 専門家ががん副作用に悩む人にアドバイス

    週刊朝日

    8/19

  • 最初は閑古鳥も…がん患者の“見た目”をケアする女性が奮闘

    最初は閑古鳥も…がん患者の“見た目”をケアする女性が奮闘

    AERA

    12/14

    がん患者の外見支援で“格安”医療用ウィッグに脚光

    がん患者の外見支援で“格安”医療用ウィッグに脚光

    AERA

    12/5

  • 年齢で抗がん剤治療を拒否? 専門医「高齢者差別につながる」

    年齢で抗がん剤治療を拒否? 専門医「高齢者差別につながる」

    週刊朝日

    10/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す