西はピザ100枚で「ピザパ」、東は「朝活」…こんなに違う東京の東西

2015/09/06 16:00

 だが一方で、東海岸を好む会社もある。丸の内のIT関連企業で営業やマーケティングを担当する男性(40代)は、「渋谷系の会社と思われて、トクすることはない」と、キッパリ。理由はお客との関係性にある。

 主に一般ユーザーを対象にする「渋谷系」のビジネスと違い、男性の会社は企業向けのサービスを提供する。外資ゆえに認知度は低いが、ビジネス規模は「1ショット1億円になることも」。一にも二にも信頼が大切なのだ。

 その信頼は、丸の内にいることである程度得られる。お客に名刺を渡したとき、「丸の内にいらっしゃるんですね」と言われたら最初のハードルはクリア。家賃は正直高いがその支払い能力が信頼を生むのだ。

 丸の内を含む東京駅近隣は、日本経済の中心でもある。現在、大手町、丸の内、有楽町を指す「丸の内エリア」には、約100棟のビルに4千社、23万人が働く。日本の総売上高の約1割を、この街が支えている。

 働く人は、とにかくマジメだ。まちづくりの一環として09年から続く「丸の内朝大学」。いわゆる朝活だが、そのブームが落ち着いたあとも続き、今年でついに7年目。これまで、のべ1万3千人以上が参加した。

 スタートは7時15分。就業前のリラックスタイムにもかかわらず、人気の講座は趣味系ではなく社会課題解決系。石川・能登など、実際の地域と一緒に地域活性化のプロジェクトを立ち上げ、実行する。

AERA  2015年9月14日号より抜粋

1 2

あわせて読みたい

  • ルール廃止で激動の就活戦線 ソフトバンクが“先行く”取り組み

    ルール廃止で激動の就活戦線 ソフトバンクが“先行く”取り組み

    AERA

    11/17

    一緒に働きたくない人に「ギブアップ宣言」で社内円満?

    一緒に働きたくない人に「ギブアップ宣言」で社内円満?

    AERA

    7/9

  • 社内公用語は英語なのに社長は和服? 世界中からインターンシップ生の応募が殺到する注目企業

    社内公用語は英語なのに社長は和服? 世界中からインターンシップ生の応募が殺到する注目企業

    dot.

    11/1

    中途で採るなら狙い目は「元社員」 出戻り転職が強い

    中途で採るなら狙い目は「元社員」 出戻り転職が強い

    AERA

    5/21

  • 収入は働く街で決まる? IT長者は職住近接が常識

    収入は働く街で決まる? IT長者は職住近接が常識

    AERA

    7/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す