経済効果1兆4千億円 山手線・品川―田町間に新駅 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

経済効果1兆4千億円 山手線・品川―田町間に新駅

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#鉄道
新駅は、田町―品川間にある車両基地を縮小・再整備し、山手線と京浜東北線の線路を東海道新幹線寄りに移設。空いた土地約13ヘクタールを開発する(撮影/写真部・外山俊樹)

新駅は、田町―品川間にある車両基地を縮小・再整備し、山手線と京浜東北線の線路を東海道新幹線寄りに移設。空いた土地約13ヘクタールを開発する(撮影/写真部・外山俊樹)

高輪泉岳寺前商店会長の石川さんが中心となって作った、「高輪駅」誘致のポスター。都営地下鉄泉岳寺駅周辺の商店、コンビニなどに貼られている(撮影/編集部・野村昌二)

高輪泉岳寺前商店会長の石川さんが中心となって作った、「高輪駅」誘致のポスター。都営地下鉄泉岳寺駅周辺の商店、コンビニなどに貼られている(撮影/編集部・野村昌二)

 東京五輪が開かれる2020年までに、山手線に新駅が誕生する。起死回生を願う地元商店街。新駅は街をどう変えるのか。

 JR東日本は山手線と京浜東北線の品川─田町駅間に、2020年の東京五輪までに新駅を開設すると発表した。

「地元の名が付いた新駅開業は地域活性化の起爆剤になる。何とか『高輪』にしてほしい」 と、同商店会長で、洋食レストランを経営する石川進さん(52)は訴える。

 商店会は国道15号沿いに点在するが、後継者不足もあって次々とシャッターを下ろしている。「高輪駅」ができれば知名度はアップし、街も活性化するはず。石川さんは、新駅開業が決定されるや「新駅を高輪にするため」の署名活動を開始。6月下旬には約1千筆分を港区議会に提出した。

 いったい、東京に新駅が一つできると何が起きるのか。

 新駅は、山手線の30番目の駅で約半世紀ぶりの新設となる新駅周辺には、東京ドーム3個分にあたる約13ヘクタールの土地に、マンションやオフィス、商業施設の入った複合ビルが建つ予定だ。「新駅と街が一体となった象徴的なにぎわい空間」(JR東日本)を創出し、周辺には国際的な交流拠点となる商業施設を形成するという。

 この未曽有の開発は、港区の六本木ヒルズ(11.6ヘクタール)や東京ミッドタウン(10.2ヘクタール)をしのぐ規模となり、経済効果は1兆4千億円という試算もある。

AERA 2014年12月1日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい