いつまで働けばいいの? 40代シングル女性のつぶやき (2/5) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

いつまで働けばいいの? 40代シングル女性のつぶやき

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター・樋田敦子AERA#おひとりさま#仕事#働く女性#転職
やっと一日が終わった。今週3度目の終電帰宅。家に帰って寝るだけの毎日──(撮影/写真部・東川哲也)

やっと一日が終わった。今週3度目の終電帰宅。家に帰って寝るだけの毎日──(撮影/写真部・東川哲也)

勤め始めて20年余り。心も体も疲れ切っている。前に進むしかないのは分かっているけれど(撮影/写真部・東川哲也)

勤め始めて20年余り。心も体も疲れ切っている。前に進むしかないのは分かっているけれど(撮影/写真部・東川哲也)

 ビジネスチャンスもあり、自分が一生付き合っていける仕事だと始めたはずなのに、溜まっていくストレス。池田さんの心の隙間を埋めてくれるのは愛犬だという。
 地元の大学を卒業して上京し、これまで派遣や契約社員を経て、4年前に正社員になった横田真由美さん(40歳、仮名)は、午前8時半から午後11時ごろまで働いている。週に2日ある休みも1日は出勤することが多い。
 もう正社員になる機会はないだろうと思っていたので、入社のときはとても嬉しかった。しかし正社員は責任も重く、入社当初より仕事量は2倍以上に増え、サービス残業も多い。
「性格上、突き詰めてやるほうなので、疲れ切って家に帰ると“何やっているんだろう”と思います」
 30代半ば過ぎまでは、公私ともに充実した日々だった。仕事も楽しく、同じ境遇の仲間たちとよく遊びに出かけた。当時は恋人もいたが、相手には妻がいて結婚できなかった。それでもいいと思って交際していたが、入社を機にピリオドを打った。

●迫る妊娠リミット

 若い頃、漠然と「結婚して子どももいるだろう」と考えていた年齢になった。一緒に遊んでいた友人たちは結婚し、横田さんと数人が残った。スーパーで買い物をするとき、大好きなアーティストのコンサートに行くときに「独りの寂しさ」を感じる。
 会社では、子どものいる社員は時短もあり、残業も“子どもがいるので”と一区切りをつけてさっさと帰宅していく。
「そんな姿を見ていると、いいなあと思います。今は猛烈に結婚したい。自分の精神の安定を得るためにも、東北にいる母親を安心させるためにも──。そうなるとせっかくなった正社員ですが、働き方を変えなければいけなくなりますね」
 妊娠リミットも迫った現在、今年中に相手を見つけて来年は結婚、妊娠する計画だというが、「こんな状態だと婚活イベントにも参加できません」と横田さんは笑った。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい