グラス投げつけ、笑いだす…妻が見たASKA容疑者の姿 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

グラス投げつけ、笑いだす…妻が見たASKA容疑者の姿

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#不倫#麻薬
夏にはコンサートと言っていたが…(※イメージ)

夏にはコンサートと言っていたが…(※イメージ)

 20歳近く年下の女性と、覚醒剤に溺れていたASKA容疑者。周囲には、以前からその様子を心配していた人もいた。

 電話口のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(56)は妙にハイテンションだった。

「まったく大丈夫。夏には本当にコンサートをやるから!」

 1カ月ほど前の深夜のことである。洋子夫人(59)から相談されていた知人は、体調を心配して入院を勧めたが、本人は「大丈夫、大丈夫」と言うばかり。

「電話からしばらくして、奥さんから連絡があったんですが、ASKAは『なんで相談したんだ。バレるじゃないか!』とブチ切れていたそうです。けれど、なんとかしようと奥さんは一生懸命だった」

 昨年8月に週刊文春が“ヤク中疑惑”を報じて以来、世間を騒がせてきた「CHAGE and ASKA」のASKA容疑者が5月17日、覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された。

 もっとも、夫の逮捕に追い打ちをかけて夫人を悲しませたのは、一緒に逮捕された栩内(とちない)香澄美容疑者(37)の存在だろう。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい