取締役「自分はスパイ扱いされてる」 東電水面下の対立

原発

2014/03/18 16:00

「東電のプロパーの人間から、自分はスパイ扱いされている。朝、会社に行って部屋に入ると、ずっと監視されている」

 意味するところは、こんな構図だ。経産省から原子力損害賠償支援機構(原賠機構)に出向し、2012年6月に東電の経営中枢に送り込まれた嶋田氏のミッションは「東電解体」。少なくとも発電と送配電部門を切り離す「発送電分離」に手をつけることだが、当然、それは東電の人間からすれば絶対に避けたい事態だ。

 これまでは、社内の隠然たる反発も、取るに足らないことであっただろう。ところが、その動きが無視できないものになってきた。東電の守旧派が息を吹き返しつつあるのだ。その原因は、自民党政権の復活である。

「もともと電力業界と自民党はつながりが深い。安倍政権ができた12年末の総選挙が決定的でした。マンパワー、資金投入ともに水面下でかつてのように動いた。『今回は東電ががんばった』と、財務省でも評判になっていた」(政治記者)

 実際、その恩を返せとばかりに、さっそく自民党議員への働きかけは始まっている。大手電力10社でつくる電気事業連合会(電事連)は今年1月、自民党本部が国のエネルギー基本計画について所属議員にアンケートした際、“模範回答”を配った。原発の必要性や新増設、再稼働を訴える内容だ。

「東電も取締役ら幹部が議員に対して説明に上がっていました。もちろん、河野太郎衆院議員ら党内の『脱原発派』は触りません。むしろ無色透明な議員が対象で、シンパを増やそうとしていたのです」(自民党関係者)

AERA 2014年3月17日号より抜粋

1 2

あわせて読みたい

  • 谷垣幹事長転倒で浮足立つ自民党重鎮 関心は増田陣営よりも党内人事

    谷垣幹事長転倒で浮足立つ自民党重鎮 関心は増田陣営よりも党内人事

    週刊朝日

    7/27

    古賀茂明「“究極の演技派”泉田前新潟知事の裏切りで笑う安倍自民党」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「“究極の演技派”泉田前新潟知事の裏切りで笑う安倍自民党」

    dot.

    9/18

  • 東電の「天皇」? 原発再稼働目指す「守旧派」心の支え

    東電の「天皇」? 原発再稼働目指す「守旧派」心の支え

    AERA

    3/20

    関電3億2千万円“裏金” 元助役の関連会社が稲田朋美元防衛相ら自民党議員に献金 後援会長も

    関電3億2千万円“裏金” 元助役の関連会社が稲田朋美元防衛相ら自民党議員に献金 後援会長も

    週刊朝日

    10/3

  • 野党で反安保+脱原発連合構想が浮上

    野党で反安保+脱原発連合構想が浮上

    週刊朝日

    10/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す