養育費の義務逃れたい…男性からのDNA鑑定依頼が増加

出産と子育て

2014/01/20 16:00

 俳優の大沢樹生(みきお)さんが長男(17)との親子関係を否定し、母親で女優の喜多嶋舞さんが反論──昨年末からの騒動で、DNA鑑定が注目されている。アエラで1月上旬にインターネットを通じて調査したところ、DNA鑑定を行った大沢さんに同情する声が男女ともに4割を占めた一方、DNA鑑定に「抵抗はない」と答えた割合は、男女で少し差が出た。女性の「まったく抵抗はない」「あまり抵抗はない」が合わせて37.2%だったのに対し、男性のそれは42.4%になった。

あわせて読みたい

  • 親に促されてDNA鑑定する“父親”が急増、鑑定現場の人間模様が泣ける

    親に促されてDNA鑑定する“父親”が急増、鑑定現場の人間模様が泣ける

    AERA

    10/19

    芸能人の「親子関係は不存在」他人事じゃない? 夫に言えない妻の秘密

    芸能人の「親子関係は不存在」他人事じゃない? 夫に言えない妻の秘密

    AERA

    11/30

  • 浮気相手の子どもを夫に育てさせる…「托卵女子」の恐ろしすぎる生態

    浮気相手の子どもを夫に育てさせる…「托卵女子」の恐ろしすぎる生態

    AERA

    12/4

    「パンドラの箱」? 不倫の末、相手からDNA鑑定の依頼

    「パンドラの箱」? 不倫の末、相手からDNA鑑定の依頼

    AERA

    2/3

  • DNA親子鑑定急増、依頼の半数が「夫の子ではない」

    DNA親子鑑定急増、依頼の半数が「夫の子ではない」

    ダイヤモンド・オンライン

    12/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す