次の「澤穂希」は18歳? 次世代なでしこリーダー候補 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

次の「澤穂希」は18歳? 次世代なでしこリーダー候補

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
女子サッカー JFAアカデミー福島三宅史織(18)北海道札幌市出身。兄二人の影響で小学1年でサッカーを始める。男子少年団で4年時に全道大会優勝。監督の勧めでアカデミーを受験した。昨年のU―17W杯ベスト8に貢献するも、今年10月のU―19W杯アジア予選敗退。165cm、50kg(撮影/写真部・東川哲也)

女子サッカー JFAアカデミー福島
三宅史織(18)
北海道札幌市出身。兄二人の影響で小学1年でサッカーを始める。男子少年団で4年時に全道大会優勝。監督の勧めでアカデミーを受験した。昨年のU―17W杯ベスト8に貢献するも、今年10月のU―19W杯アジア予選敗退。165cm、50kg(撮影/写真部・東川哲也)

 五輪でメダルが期待される競技のひとつ、女子サッカー。次世代のなでしこを担う選手を追った。

 なでしこに2020年のリーダー候補が現れた。JFAアカデミー福島の三宅史織(18)。ユース世代から日の丸をつけたが、9月に行われた親善試合ではなでしこジャパンに飛び級で初招集された。ナイジェリア戦に初先発。センターバックとして2-0の完封勝利に貢献した。

 力強い守備もさることながら、正確で速い縦パスを何度も通しスタンドを沸かせた。先制点も三宅の速く長いパスから。最後に大儀見優季がゴールを決めるとようやく緊張がほぐれた。

「あんなに緊張したのは初めて。キックオフから10分くらいは何も覚えてないんです」

 何しろ一緒にプレーするのは澤穂希、宮間あや、川澄奈穂美という世界を制した顔ぶれ。硬くなるのも当然だが、特別指定選手としてともにプレーするINAC神戸の近賀ゆかり(29)から手厚いサポートを受けていた。

「緊張してるの? INACの選手がこんなにたくさんいるんだから大丈夫だよ。思い切り声を出さないと伝えきれないよ!」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい