8月号
小児精神科医・青山学院大学教授 古荘純一 Furusho Jun―ichi
災害弱者としての発達障害者

朝日新聞出版の本

2016/08/09 18:34

 今年4月に熊本で震災が発生した。被災された方には心からお見舞いを申し上げる。復旧が早く、すでに報道で取り上げられることも少なくなった。しかし、生活の基盤がまだ回復していない人や、エコノミークラス症候群、大雨による土砂災害、心的外傷後ストレス障害などの二次被害に悩まされている人がいることも忘れてはならない。

あわせて読みたい

  • 地獄のような日々を送ったことも......発達障害のピアニスト・野田あすかを支えた父母の思い

    地獄のような日々を送ったことも......発達障害のピアニスト・野田あすかを支えた父母の思い

    BOOKSTAND

    12/2

    障害と知らず、自分を責めた日々も......発達障害のピアニストの

    障害と知らず、自分を責めた日々も......発達障害のピアニストの"心の音"

    BOOKSTAND

    10/10

  • 子どもの脳に悪影響も!? 農薬が発達障害の原因として疑われるわけ

    子どもの脳に悪影響も!? 農薬が発達障害の原因として疑われるわけ

    週刊朝日

    3/6

    "話したくても話せない"不安障害「場面緘黙(ばめんかんもく)」とは

    BOOKSTAND

    12/13

  • ぼくらの中の発達障害

    ぼくらの中の発達障害

    1/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す