マグロはどこから来てどこへ行く?

2016/11/28 07:00

 いわゆる「盛り土問題」で、思わぬ事態へと突入し、耳目を集める築地市場。1935(昭和10)年に開設され、今年で81年目となる同市場は、これまでテレビ番組のグルメ企画などでしばしば登場してきたものの、それらは併設された築地場外市場商店街についてのものが大半で、市場そのものについて詳しく紹介されることは、意外と少ないものでした。また、そこで活発にやりとりされている鮮魚たちについても、毎年お正月になるとマグロの初セリの様子がニュースとなったりもしますが(※今年はなんと1匹1400万円!)、たとえばそのセリがどのような形で行われ、私たちの胃袋へと至るのかなど、その詳細については、あまり知られていないのが実情です。

あわせて読みたい

  • この夏は早起きして、築地市場に行ってみよう!

    この夏は早起きして、築地市場に行ってみよう!

    tenki.jp

    7/29

    築地は変わったのか? 昔ながらの築地が残る「活け場」で実感した“らしさ”とは

    築地は変わったのか? 昔ながらの築地が残る「活け場」で実感した“らしさ”とは

    dot.

    11/1

  • 「新店舗は狭すぎ」築地市場移転に仲卸業者が悲痛な叫び

    「新店舗は狭すぎ」築地市場移転に仲卸業者が悲痛な叫び

    週刊朝日

    3/4

    三つ星寿司店も築地市場移転に反対、仲卸業者は引っ越し費用に3千万円借金も

    三つ星寿司店も築地市場移転に反対、仲卸業者は引っ越し費用に3千万円借金も

    AERA

    9/6

  • さようなら築地市場…私たちはなぜ「築地」に惹かれるのか?

    さようなら築地市場…私たちはなぜ「築地」に惹かれるのか?

    AERA

    10/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す