卒業のたくみお姉さんと「言い合いになったことも」、歌のお兄さんが裏舞台を告白 (1/2) 〈BOOKSTAND〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

卒業のたくみお姉さんと「言い合いになったことも」、歌のお兄さんが裏舞台を告白

このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOKSTAND

 本日、3月31日の放送をもって、NHKの子ども向け番組「おかあさんといっしょ」でうたのお姉さんを務めた三谷たくみさんが卒業します。地上波放送では過去最長となる8年もの間、この職を全うしたたくみお姉さん。笑顔が素敵なお姉さんには、世代を超えて多くのファンがいました。



 最終日の収録には、多くの仲間がかけつけ、たくみお姉さんを送ったようで、その中には、番組の先輩である坂田おさむさんや速水けんたろうさん、「ゴッチャ!」のお姉さんのいとうまゆみさんの姿もあったといいます。



『NHKのおかあさんといっしょ』(2016年4.5月号)では、たくみお姉さんにまつわる思い出エピソードが多数紹介されており、そこでは普段見ることのできない、たくみお姉さんの姿が垣間見れます。



 体操のお兄さんの小林よしひこさんは、初めて会った時をこう回想。



「『一瞬、声を作っているのかな?』と思いましたが、素のしゃべり声もアニメ声だったので、もう一度びっくり(笑)」(本書より)



 よしひこお兄さんが衝撃を受けたというたくみお姉さんのアニメ声。その歌声がパートナーのだいすけお兄さんの声と合わさると、とても魅力的なものとなりましたが、このふたりは、新しい歌を歌うたびに何度も話し合ったといいます。だいすけお兄さんはこう振り返ります。


(記事提供:BOOK STAND)

トップにもどる BOOKSTAND 記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい