誤解だらけのアドバイスがママたちを追い詰める? "吃音ドクター"が伝えたい生の声とは

2016/02/02 12:20

 言葉が円滑に発音できない吃音(きつおん)症。100人に1人の割合で存在し、「ぼぼぼく」のように言葉を繰り返す「連発」、「ぼぉーく」のように言葉を引き伸ばす「伸発」、「.........ぼく」のように言葉が詰まる「難発」、の3種類が代表的な症状です。いずれも発症後3年で約7割の子どもが自然に回復すると言われていますが、原因や治療法はまだ確立しておらず、成人後も症状が続く人も存在します。

あわせて読みたい

  • 本日最終回のドラマ『ラヴソング』で注目!

    本日最終回のドラマ『ラヴソング』で注目!"吃音ドクター"が明かす、知られざる「難発性吃音」の苦悩とは?

    BOOKSTAND

    6/13

    "吃音(きつおん)ドクター"が明かす、映画『英国王のスピーチ』から学べること

    BOOKSTAND

    3/16

  • なぜいま、吃音が注目されているのか? 100人に1人が該当、隠そうとする人が抱える苦悩

    なぜいま、吃音が注目されているのか? 100人に1人が該当、隠そうとする人が抱える苦悩

    dot.

    7/14

    「思ったことをしゃべろうよ」原因不明の症状「吃音」について医師がそう提案する理由

    「思ったことをしゃべろうよ」原因不明の症状「吃音」について医師がそう提案する理由

    dot.

    7/16

  • 「うちの子どもがちゃんとしゃべれない」……。親が知っておくべき「吃音とともに生きる」という視点

    「うちの子どもがちゃんとしゃべれない」……。親が知っておくべき「吃音とともに生きる」という視点

    dot.

    7/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す