グローバル化で加速するバイリンガル教育の"落とし穴"とは?

2015/09/19 10:30

 2020年の東京五輪を見据えて、英語教育の必要性が叫ばれる昨今。「子供をバイリンガルにしたい」「どうせなら早いうちに...」と考える親御さんも多いのではないでしょうか? 2か国語を自由に話せるバイリンガルというと、語学の才能を活かし、国際社会でも活躍できるなど、良い面ばかりがクローズアップされがちです。

あわせて読みたい

  • 幼児期からの英語教育で「バイリンガル脳」を育てるには? 専門家が教える習得法

    幼児期からの英語教育で「バイリンガル脳」を育てるには? 専門家が教える習得法

    dot.

    8/8

    12歳でサマンサタバサとデザイナー契約した女の子 7カ国語を習得したコツは? 

    12歳でサマンサタバサとデザイナー契約した女の子 7カ国語を習得したコツは? 

    dot.

    8/12

  • 「子どもの脳が変化する」英語の早期教育は必要か 脳科学者2人の結論は

    「子どもの脳が変化する」英語の早期教育は必要か 脳科学者2人の結論は

    dot.

    8/17

    日英独トリリンガルのSexy Zoneマリウス葉 親に心配されるほど勉強した理由

    日英独トリリンガルのSexy Zoneマリウス葉 親に心配されるほど勉強した理由

    dot.

    7/21

  • 未来を生きる小学生が英語のほかに学ぶべきこととは

    未来を生きる小学生が英語のほかに学ぶべきこととは

    AERA

    10/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す