中国ビジネス界では「ちょっと抜けてる」くらいがちょうどいい?

朝日新聞出版の本

2015/07/21 07:30

 昨年、雑誌『BRUTUS』(9月1日号)で特集が組まれた文化人・松浦弥太郎さん。雑誌「暮らしの手帖」の元編集長で、東京・中目黒の書店「COW BOOKS」のオーナーでもあり、文筆家としても知られています。

あわせて読みたい

  • 『暮しの手帖』前編集長・松浦弥太郎さんが大切にしている200の言葉とは?

    『暮しの手帖』前編集長・松浦弥太郎さんが大切にしている200の言葉とは?

    BOOKSTAND

    4/25

    25歳の若者がスターバックスでアルバイトすべき理由とは?

    25歳の若者がスターバックスでアルバイトすべき理由とは?

    BOOKSTAND

    1/7

  • 誰もが絶対に喜ぶ!? 「鉄板」の東京の手土産とは

    誰もが絶対に喜ぶ!? 「鉄板」の東京の手土産とは

    BOOKSTAND

    10/27

    コロナ禍で話題のビジネス書にあった「当たり前すぎる」共通点とは?

    コロナ禍で話題のビジネス書にあった「当たり前すぎる」共通点とは?

    AERA

    3/4

  • トップエリートたちに学ぶ、ビジネス能力を高めるための心がけとは?

    トップエリートたちに学ぶ、ビジネス能力を高めるための心がけとは?

    BOOKSTAND

    3/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す