ファミレス従業員の8割が外国人に? 政府が移民の大量受け入れを検討

2014/06/16 07:00

 政府が将来の深刻な労働力人口減の穴埋め策として、移民大量受け入れの本格的検討に入っています。内閣府は毎年20万人を受け入れることで、合計特殊出生率が人口を維持できる2.07に回復すれば、今後100年間は人口の大幅減を避けられると試算。しかし、この案に対しては強い反発もあり、今後、十分な検討が必要としています。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す