日本の企業に根付いている「最大の不条理」を徹底解説!

仕事

2014/05/19 07:00

 ビジネス書作家として知られる楠木新さんの新著『働かないオジサンの給料はなぜ高いのか』。刺激的なタイトルの本ですが、働かないオジサンが高給を取る一方で、仕事に追われる中堅や若手社員は安月給......に代表される日本企業の理不尽な人事評価について的確にツッコミを入れております。

 

 例えば出世のメカニズムについて。日本の企業は海外から見て非常に特殊な構造になっており、特に"変"なのは出世するための方法であるとした上で、海外との違いを指摘。海外、主に欧米の企業では能力や将来性を考慮し、社員を出世させ、役職を与えるというやり方が一般的ですが、日本ではそれ以外の部分を重視する傾向があること。また、日本企業では、海外とは異なり同期や同僚同士の結びつきが非常に強く、その人間関係の構築が後の出世に大きく影響する、などと分析しています。

あわせて読みたい

  • 40代は「課長後」を考えるべし! 「こころの定年」の乗り越え方

    40代は「課長後」を考えるべし! 「こころの定年」の乗り越え方

    AERA

    7/18

    出世する人はどのような「選択」をしているのか?

    出世する人はどのような「選択」をしているのか?

    BOOKSTAND

    12/28

  • 不要メールをやめただけで年間1億2840万円もコストカット! 驚くほど簡単な方法とは?

    不要メールをやめただけで年間1億2840万円もコストカット! 驚くほど簡単な方法とは?

    dot.

    8/22

    コロナ禍で企業クチコミに異変 人間関係より「危機への反射神経」に評価基準がシフト

    コロナ禍で企業クチコミに異変 人間関係より「危機への反射神経」に評価基準がシフト

    AERA

    6/18

  • SMAP騒動 得した人損した人 新橋のオジサン3分の2が支持「キムタク処世術」は吉か

    SMAP騒動 得した人損した人 新橋のオジサン3分の2が支持「キムタク処世術」は吉か

    週刊朝日

    1/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す