"批評の神様"小林秀雄が学生たちに語ったこと

2014/04/16 07:00

 日本を代表する批評家・小林秀雄。ドフトエフスキーから本居宣長に至るまで、小林の批評対象は洋の東西問わず幅広く、「日本における批評の文体を樹立した」(三島由紀夫著『文章読本』より)とまで言われる彼の作品群は、今なお多くの人びとに愛されています。

あわせて読みたい

  • 死ぬ前に「死にたくない」と言う人の心境とは? 帯津医師が推察
    筆者の顔写真

    帯津良一

    死ぬ前に「死にたくない」と言う人の心境とは? 帯津医師が推察

    週刊朝日

    7/19

    定期的に通う書店を見つけることで発見する本の「別の魅力」とは

    定期的に通う書店を見つけることで発見する本の「別の魅力」とは

    BOOKSTAND

    7/29

  • "壁ドン"以外にもキュンとすることはそこらじゅうに溢れている

    BOOKSTAND

    10/11

    早稲田、明治、立教、東洋 64年東京五輪で「選手村」を支えた大学生たち

    早稲田、明治、立教、東洋 64年東京五輪で「選手村」を支えた大学生たち

    dot.

    5/17

  • 早春の風は思春期のゆれる心。「早春賦」そしてもう一つの「菜の花忌」

    早春の風は思春期のゆれる心。「早春賦」そしてもう一つの「菜の花忌」

    tenki.jp

    3/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す