イギリスと日本で違う「小保方さん問題」の報じられ方 (1/2) 〈BOOKSTAND〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

イギリスと日本で違う「小保方さん問題」の報じられ方

このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOKSTAND#STAP細胞

日本の女性がグローバル社会で戦う方法

谷本真由美(@May_Roma)著

978-4479794370

amazonamazon.co.jp

 日本中の話題をさらった万能細胞の「STAP細胞」捏造疑惑。先日、行われた理化学研究所(理研)の小保方晴子ユニットリーダーの記者会見の生中継は、各局で高視聴率をマークするなど注目を集めました。会見での小保方さんの説明は不明瞭な部分も多く、専門家や視聴者からは不満の声も聞こえています。



 一方、報道陣から「(理研の)笹井芳樹副センター長と不適切な関係にあったと報道されている。どう感じたか」といった、研究とは直接関係のない質問も飛び、それはそれで「本質的ではない質問」、「マスコミの報道姿勢もおかしい」と疑問を呈する人もいるようです。

 そもそもSTAP細胞が発表された当初、祖母からもらった割烹着を着て実験を行う姿や、ピンク・黄色に塗り替えた研究室の壁、好きなキャラクターはムーミン......と、小保方さんの女性らしい一面が、研究内容以上にフォーカスされた側面があります。

 

 たとえば朝日新聞は「泣き明かした夜も STAP細胞作製、理研の小保方さん」という見出しで快挙を報道。読売新聞は「論文一時は却下...かっぽう着の『リケジョ』快挙」といったスポーツ紙のような見出しで記事を掲載しています。

 もちろんこれらの記事では研究内容にも触れてはいますが、業績に関係ない彼女の「女子力」がクローズアップされすぎています。スポーツ紙やワイドーショーならこれでも構わないかもしれませんが、新聞社や報道番組が同じ方向で報じるのはいかがなものでしょうか。



(記事提供:BOOK STAND)

トップにもどる BOOKSTAND 記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい