東野圭吾「こんなに時間をかけた作品はない」 幻の一作がついに発売

2013/04/19 10:00

 現在、映画『プラチナデータ』が公開中ですが、この原作者はいま最も人気のある作家の一人、東野圭吾です。80冊近い著作がありますが、これまで連載から10年以上経っても単行本化されていなかった"幻の一作"がついに4月18日から書店に並ぶことになりました。タイトルは『夢幻花』。全面書き直しの末、ようやくファン待望の一冊が誕生しました。

あわせて読みたい

  • 高橋優が神木隆之介、二階堂ふみ出演の東野圭吾原作ドラマ主題歌に起用

    高橋優が神木隆之介、二階堂ふみ出演の東野圭吾原作ドラマ主題歌に起用

    Billboard JAPAN

    6/17

    朝顔、昼顔、夕顔、夜顔。一つだけ違う種類があります。

    朝顔、昼顔、夕顔、夜顔。一つだけ違う種類があります。

    tenki.jp

    7/13

  • アサガオは《危険すぎる〇〇》?!  涼しい顔の意外な横顔は・・・

    アサガオは《危険すぎる〇〇》?! 涼しい顔の意外な横顔は・・・

    tenki.jp

    7/29

    2020年の小学校1年生のデジタルライフがスゴイ

    2020年の小学校1年生のデジタルライフがスゴイ

    BOOKSTAND

    9/24

  • アノヒトの読書遍歴 西谷弘さん(後編)

    アノヒトの読書遍歴 西谷弘さん(後編)

    BOOKSTAND

    6/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す