「言語は『魔法の剣』」辺境探検家が25以上の現地語を学んだワケ

読書

2022/11/23 16:00

 謎の巨大生物をアフリカに探しに行ったり、アジアの麻薬地帯に潜入したり。高野秀行さんは世界の辺境を訪ねては痛快なノンフィクションを書いてきた。新刊『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル 1870円・税込み)は現地の言葉を学んだ経験から生まれた語学体験記だ。

あわせて読みたい

  • ゴリラ肉にラクダ丼…「辺境メシ」食べる高野秀行の原動力

    ゴリラ肉にラクダ丼…「辺境メシ」食べる高野秀行の原動力

    週刊朝日

    12/11

    8月号 対談旅行作家 下川裕治 Shimokawa Yuji 辺境作家 高野秀行 Takano Hideyuki

    8月号 対談旅行作家 下川裕治 Shimokawa Yuji 辺境作家 高野秀行 Takano Hideyuki

    8/2

  • 「ヤバそうだから食べてみよう」!? 辺境旅ではなんでも食べるべし

    「ヤバそうだから食べてみよう」!? 辺境旅ではなんでも食べるべし

    BOOKSTAND

    1/17

    実はアジアで広く食べられている納豆! その発祥はどこ?

    実はアジアで広く食べられている納豆! その発祥はどこ?

    BOOKSTAND

    6/14

  • 世界最大の

    世界最大の"麻薬地帯"に7カ月間も滞在!? 作家・高野秀行がアヘン栽培に挑んだら...

    BOOKSTAND

    11/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す