岡本太郎の初期作、実は“地味”だった 作風を変えた戦争という過酷な体験

2022/11/15 16:00

「芸術は爆発だ!」──。晩年、そう言い残した岡本太郎。彼のイメージと言えば、ギラギラとした生命力を放つ絵画や彫刻だろう。しかし、初期作は「これをあの岡本太郎が?」と感じるほど“地味”だ。そこから浮かび上がる「世界のTARO」の新たな一面とは。

あわせて読みたい

  • 【写真特集】知られざる岡本太郎

    【写真特集】知られざる岡本太郎

    11/15

    核と日本人

    核と日本人

    週刊朝日

    3/13

  • 「ゴジラ」60年前、なぜ生まれたのか 最新作を機に原点を振り返る

    「ゴジラ」60年前、なぜ生まれたのか 最新作を機に原点を振り返る

    週刊朝日

    6/23

    あいみょん、岡本太郎の魅力に迫る『Casa BRUTUS』大特集

    あいみょん、岡本太郎の魅力に迫る『Casa BRUTUS』大特集

    Billboard JAPAN

    4/28

  • 日本の平和運動をリードした吉田嘉清さんが死去

    日本の平和運動をリードした吉田嘉清さんが死去

    週刊朝日

    3/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す