若者の「原子力離れ」 原発の担い手不足、専門学科も定員割れで廃止

2022/10/24 06:30

 原子力業界の人材育成や確保を巡る厳しい状況が続いている。老舗の東海大が「原子力工学科」を廃止するなど、関連の学部や専攻への入学者の減少は続く。教員の高齢化や試験研究炉の老朽化も進み、原発の廃炉など中長期的な課題への対応に不安が残る。

あわせて読みたい

  • 岸田政権「原発新増設」への大疑問 核ごみは2~30倍になる可能性も

    岸田政権「原発新増設」への大疑問 核ごみは2~30倍になる可能性も

    週刊朝日

    10/19

    川内原発再稼働でも立ち直れない原子力ムラ

    川内原発再稼働でも立ち直れない原子力ムラ

    週刊朝日

    8/12

  • 廃炉のタブーが現実味 福島第一原発事故から6年、原発ルポ

    廃炉のタブーが現実味 福島第一原発事故から6年、原発ルポ

    AERA

    3/1

    再稼働や新増設は安くない事実、90年代以降は失敗続く 原発をめぐる「無責任の構造」

    再稼働や新増設は安くない事実、90年代以降は失敗続く 原発をめぐる「無責任の構造」

    AERA

    9/26

  • もう「廃炉」しかない… 東芝を窮地に陥れた事業が東芝の未来を握る現実

    もう「廃炉」しかない… 東芝を窮地に陥れた事業が東芝の未来を握る現実

    AERA

    4/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す