第二の人生で「お坊さん」になった人たち いかにして寺に“再就職”したのか?

2022/09/05 07:00

 古代インドには、人生を四つの期間に分ける思想があったという。なかでも三つ目の「林住期」は、仕事や家庭のための奮闘を終え、自分らしく生きられる最高の時期。そんな輝かしい“林住期ライフ”を、定年後の僧侶デビューによって手に入れた人たちがいる。

あわせて読みたい

  • 定年後に何する? “罪滅ぼし”で僧侶になった新聞記者の場合

    定年後に何する? “罪滅ぼし”で僧侶になった新聞記者の場合

    週刊朝日

    11/1

    “アパマン坊主”で「お坊さん離れ」加速? 住職たちが明かした業界の問題点

    “アパマン坊主”で「お坊さん離れ」加速? 住職たちが明かした業界の問題点

    AERA

    8/17

  • 旅館の清掃従業員として働く65歳住職の困窮 「食えないお寺」が増えている

    旅館の清掃従業員として働く65歳住職の困窮 「食えないお寺」が増えている

    AERA

    7/31

    あなたの街からお寺が消える!? “限界宗教法人”3割の衝撃

    あなたの街からお寺が消える!? “限界宗教法人”3割の衝撃

    週刊朝日

    12/21

  • 芥川賞の住職が描く、道尾秀介『ソロモンの犬』の続編とは

    芥川賞の住職が描く、道尾秀介『ソロモンの犬』の続編とは

    AERA

    4/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す