国際化は早稲田のほうが進んでいる? 早慶学長対談で上がった“課題”

2022/09/01 17:00

 大隈重信没後100年、『学問のすすめ』初版発行から150年を迎える今年は、早慶双方にとって節目の年だ。創立以来、両校の校風はどう変わってきたのか。今後はどのような関係を築いていくのか。早稲田大学の田中愛治総長と慶應義塾大学の伊藤公平塾長が語り合った(7月12日、オンラインで実施)。

あわせて読みたい

  • 早慶トップ対談“脱ライバル”で進める連携 「データ科学のリカレント教育」も視野

    早慶トップ対談“脱ライバル”で進める連携 「データ科学のリカレント教育」も視野

    AERA

    12/9

    早慶にどちらも進学の弁護士が語る両校の校風 早稲田は大隈重信像の前で昼寝の学生も…

    早慶にどちらも進学の弁護士が語る両校の校風 早稲田は大隈重信像の前で昼寝の学生も…

    AERA

    12/13

  • 始まった早稲田の逆襲 慶應は「マンモス校を避ける傾向」で追い風?

    始まった早稲田の逆襲 慶應は「マンモス校を避ける傾向」で追い風?

    週刊朝日

    3/28

    データで探る早稲田vs.慶應 「学際融合」で慶應から流入も

    データで探る早稲田vs.慶應 「学際融合」で慶應から流入も

    週刊朝日

    3/29

  • 健全性は早稲田、成長性は慶應 初の本格的財務分析で見えた「真の実力」

    健全性は早稲田、成長性は慶應 初の本格的財務分析で見えた「真の実力」

    AERA

    9/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す