異なる物価高の受け止め方 世代ごとの実態が見えにくくなっているワケ

2022/08/15 08:00

統計上に表れる数字よりも深刻な子育て世代
統計上に表れる数字よりも深刻な子育て世代

 「できるだけ不要なものは買わない(67.6%)、「ポイントやクーポンの活用」(49.1%)、「食料や日用品などの生活必需品は価格の安い製品へ乗り換える」(38.5%)――。

 コロナ前に比べ、暮らしにどのような変化があり、どのような消費行動をとるようになったのか。ニッセイ基礎研究所が今年6月にインターネットで調査し、全国20~74才の2585人から回答を得た。その調査結果(複数回答)だ。

 特に「子育て世帯で徹底的に支出が減っているのが顕著」と話すのは同研究所の久我尚子上席研究員。子育て世帯とは、第一子が誕生してから大学入学までの子供を養育している世帯。とりわけ、第一子が小学生の前後の世帯で、コロナ前に比べ、生活のゆとりが著しくなくなっているとみている。

 子育て世帯の生活にゆとりがなくなっている背景に、久我さんは、コロナ禍による収入の減少に加えて、物価高が追い打ちをかけていると指摘する。特に観光や飲食などのサービス産業を中心にパートの仕事がなくなり、家計に余裕がなくなった人も多い。そこに物価高が襲いかかり、「多方面にわたり支出を徹底的に切り詰めている」(久我さん)という。

 価格高騰は当初、原油などのエネルギー分野だったが、最近はメーカーがコスト増を製品に価格転嫁する動きとなっている。久我さんは、「価格高騰が食料や日用品に移り変わってきている」と話す。

 総務省が毎月公表する消費者物価指数の動向を見ると、最近は前年同月比で2%を超える上昇になっている。このうち、食パンやガソリン、もやしなど、頻繁に買う項目は、伸び率が2倍の4%台になっているという。久我さんは「購入頻度が高いものほど物価が上昇している」と指摘。生活者の視点からは、統計上に表れる数字よりも、物価高の受け止め方がより深刻になっているのではとみている。

NEXT

あの手この手でやりくり

1 2

あわせて読みたい

  • 悲鳴!実質手取り額はこんなに減っている 共働き、片働きなどを年収別に徹底比較

    悲鳴!実質手取り額はこんなに減っている 共働き、片働きなどを年収別に徹底比較

    AERA

    9/14

    消費増税よりもつらい? 円安が家計に与える負担は年間30万円増に

    消費増税よりもつらい? 円安が家計に与える負担は年間30万円増に

    週刊朝日

    1/15

  • 物価高騰が家計直撃「年11万円」負担増の試算も 「3つのお金の見直し」専門家が指南

    物価高騰が家計直撃「年11万円」負担増の試算も 「3つのお金の見直し」専門家が指南

    AERA

    6/9

    高すぎるNYのベーグル、もはや「軽食」じゃない? 米国在住記者が見た街の物価上昇

    高すぎるNYのベーグル、もはや「軽食」じゃない? 米国在住記者が見た街の物価上昇

    AERA

    12/11

  • 「2000万円問題」は序の口! 物価上昇で年収500万世帯はほぼ壊滅か

    「2000万円問題」は序の口! 物価上昇で年収500万世帯はほぼ壊滅か

    週刊朝日

    6/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す