隠し撮りでわかった入管の実態とは? 映画「牛久」監督が見た日本のリアル

2022/03/11 08:00

 在留資格がなく、国外退去を命じられた外国人を強制収容する東日本入国管理センター、通称「牛久」。その内部にカメラを入れ、収容されている外国人たちの様子と悲痛な叫びを捉えた衝撃のドキュメンタリー映画「牛久」が公開される。トーマス・アッシュ監督が見た日本の現実とは。

あわせて読みたい

  • 東浩紀「入国管理局の全件収容主義 今こそ人権侵害の制度とは決別を」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「入国管理局の全件収容主義 今こそ人権侵害の制度とは決別を」

    AERA

    6/22

    「刑務所よりもひどい」外国人長期収容の“絶望しかない”入管での実態

    「刑務所よりもひどい」外国人長期収容の“絶望しかない”入管での実態

    AERA

    11/11

  • 難民申請が認定されたのはわずか44人 祖国を逃れ悲しい思いをしている外国人に早く平穏な暮らしを

    難民申請が認定されたのはわずか44人 祖国を逃れ悲しい思いをしている外国人に早く平穏な暮らしを

    AERA

    3/31

    「入管に人生をめちゃくちゃにされた」不安と恐怖でうつ発症も 収容経験者たちが証言

    「入管に人生をめちゃくちゃにされた」不安と恐怖でうつ発症も 収容経験者たちが証言

    AERA

    12/17

  • 映画監督が追った日本のクルド人“難民”「絶望するさまを見るのはつらかった」

    映画監督が追った日本のクルド人“難民”「絶望するさまを見るのはつらかった」

    週刊朝日

    7/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す