エル・ファニングと親子役で話題 ハビエル・バルデムに聞く「選ばなかったみち」秘話

2022/02/13 11:30

 認知症をテーマにした映画は近年増えているが、サリー・ポッター監督の「選ばなかったみち」は、患者の見ている世界をポエティックに描く異色作だ。今作で若年性認知症を患うレオを演じたスペインの名優ハビエル・バルデム(52)に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • コリン・ファース、親友と同性愛カップル演じ「孤独への恐怖感じた」と吐露

    コリン・ファース、親友と同性愛カップル演じ「孤独への恐怖感じた」と吐露

    AERA

    6/13

    アカデミー賞最有力!? ケイト・ウィンスレットが明かす映画裏話

    アカデミー賞最有力!? ケイト・ウィンスレットが明かす映画裏話

    週刊朝日

    3/14

  • 「LOR」のアラゴルン、初監督作のテーマは認知症 自身の経験がベース

    「LOR」のアラゴルン、初監督作のテーマは認知症 自身の経験がベース

    AERA

    11/20

    働き盛りを苦しめる若年性認知症 7割が「収入減った」

    働き盛りを苦しめる若年性認知症 7割が「収入減った」

    週刊朝日

    12/12

  • カンヌ男優賞俳優、ペネロペ・クルスと夫婦共演「家族の秘密」めぐるサスペンス

    カンヌ男優賞俳優、ペネロペ・クルスと夫婦共演「家族の秘密」めぐるサスペンス

    AERA

    6/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す